この世界の片隅に

社会人1年目修了を目前に、ここいらでブログを始めてみようと思い立ちました。

と、言うのも。
なかなか一つのことが続かないんですよね、わたし。飽きっぽい。
そして、自分を省みるということを怠る傾向にある。

ねじ曲がった癖を改善すべく、この度は一念発起した、という訳であります。

趣味は、アカペラ、ライブ参戦、読書…と、けっこう多趣味な方ではあるかと。
仕事の合間を縫って(仕事を放って…いる時も?)没頭したことをつらつらと書いておこうと思います。


------------------------------------------------
そんな今日は、朝から思い立ってひとりで映画館へ。
わたしの故郷、尾道には素敵な映画館があるんですよ。

securedownload.jpg

雑居ビルのようなたたずまい。本当にやってんのか?と疑いたくなりますが、やってるんです。
尾道駅前の路地を入ったところにあるのですが、なかなか好奇心をくすぐられますよ。
シアターが一つしかないため、1日に異なる数本の映画しか上映されません。
今日は、人生フルーツ、At the terrace、サイレンス、ホドロフスキーの虹泥棒、この世界の片隅にの5本。
行った時間帯が、この世界の片隅にの頃でした。前々から観たいと思っていたのでちょうどよかった。
なんとこの尾道シネマ、ドリンクもフードも持ち込みОKですって。なので、尾道では有名になりつつあるやまねこミルでカフェラテを手にして、いざ鑑賞へ。

securedownload (1).jpg

画面が高い!(笑)
けれど、観ている間はあまり気にならなかったです、意外と。

この映画、呉の空襲をテーマにした作品でした。
もちろん、戦争や空襲の悲惨さや恐ろしさも描かれていたのですが、その苦しいくらしの中での温かさを強く感じました。だから、苦しみや絶望、怒りがありありとみえたような気がします。
夫が、妻の同級生に妻を差し出すシーン、すずが右手の大切なものを失うシーンは、なんとも言い難い。鳥肌が立ちました。
もう一度観たい、と思う作品でした。今日、思い立ってよかった。

ひとつ。方言がけっこう難義で、聞きなれていないと中々難しいんじゃないかとは思いました。(笑)
もし、DVD化されたらもう一度観たいですね。


では、今回はこの辺りで。


人気ブログランキング

この記事へのコメント