通天閣


「三日坊主を脱したい」と言いながらも、本当に三日坊主になってしまう自分の浅はかさにびっくりしてしまいます…。
宣言をしてはだめですね。気が向いたときに、筆を執ることにします。(笑)


約半年の間、趣味(もちろん、仕事も)に没頭していました。
ライブ6本、フェス2本、映画1本、読書10数冊…と。
言い訳をしますが(誰にだよ。)、私は変なところでアナログ人間でして。
というよりも、紙とペンが好き。と言った方がいいのかもしれません。
行ったライブやそのセトリ、読んだ本の感想やその日思ったことなどを、取り留めもなくつらつらと書き綴っているノートがあるんです。

それが、これ。

image1.JPG

白い方が読書記録、青い方がライブ記録です。
青い方には、拙いながらも絵もいっしょに描いています。
作品や音楽を楽しんだあと、その日のことを思い返しながらノートをかくときが癒しなんです。
白の方には、思ったことをうまくまとめもせずただ書きなぐっているので、誰にも見せられない…。

と、いつもこんな楽しみ方をしています。


============================================
最近読み終えたのは、通天閣/西加奈子

securedownload (2).jpg


先日図書館に行き、大阪というワードで本を選びました。(ここ1年くらいは、大阪LOVERなんです。)
西加奈子さんの作品ということもあり、読みやすそう、と手にとりました。
雑多な新世界で、生きることに意味を見いだせなくなった2人の男女と、生きることに希望を持ち始めた人々。彼らを支え、見守るような通天閣。
日々をがんばっている人に読んでほしい、1冊でした。
今年読んだ中では、いちばんすっきりした。


次は、何を読もうか。と、わくわくしながら、また図書館へ足を運びます。

最近通うようになった、尾道の素敵な古本屋さんを紹介するのは、また後ほど。



人気ブログランキング

この記事へのコメント